『会社や仕事が自分に向いてなかったら、辞めたほうがいいのか??』 - 感情の羅針盤

PR


『会社や仕事が自分に向いてなかったら、辞めたほうがいいのか??』

昔からよく聞く話なんですが、入って日も浅い新入社員が突然
「僕この仕事向いてないんで辞めます」
っていうの、ありますよね。
まだろくに仕事も覚えてないのに辞めちゃうケース。
これってあなたはどう思います??
向いてないんだから、さっさと辞めたほうがいいと思います??
それともある程度仕事を覚えるまで続けるべきだと思います??


これはつい最近会社のある人が話してたことなんですが、知り合いの若い男の子がまだろくに仕事も覚えてないのに
「今の仕事向いてないんで辞めようと思います」
って言い出したので、
「仕事のことがまだ何も分かってないのに、向いてないもクソも無いだろっ!!」
って説教したんだそうです。

確かにこの人の言うことは正しいと思います。
入ったばかりで仕事のことをまだ何も理解できてないのに、向いてるかどうかなんて判断できるわけありませんよね。
僕なんか初めて就職する時ある人から、
「20代のうちは仕事に関して一切文句を言うな」
と言われました。
30代になってやっと仕事が分かり始める、仕事の面白さが見え始めてくる、そう言われました。

これはもう「石の上にも3年」どころの話じゃないですよね(汗)
ある程度社会経験を積んだ今なら、その言葉も理解できますけど。
でも向いてないと思いながらも続けるのって、ホントに正しいのでしょうか??
ちょっとここで考えてもらいたいのですが、仕事を辞めたいのは、果たして本当にその仕事に向いてないと感じているからなのでしょうか??
会社を辞めたい理由は、本当にそこなんでしょうか??


僕は今いる業界に入って、もう12年ぐらいになります。
今の業界に入ったきっかけは、会社都合による強制的な異動です。
最初は今の仕事が嫌でたまりませんでした。
やりたくない業務内容だった上、とても自分には向いてるとは思えないような仕事でした。
僕の周囲も、みんな口を揃えてこの仕事に反対しました。
当時はまだ独身でしたし、僕はこの仕事を続ける理由などカケラもありませんでした。

でも気付けば、今ではベテランと呼ばれるポジションにいます。
この仕事が向いてるかと言われれば、この仕事を始めた頃から今でも変わってません。
はっきり言って僕はこの仕事に向いてません。
12年間続けたにも関わらず、結論は最初の頃と変わってないんですよね。

じゃあ何でこの仕事を続けてるのかと言えば、それは「使命感」です。
この仕事が持つ社会的役割の大きさ、それを担う責任の重さ、そしてその役割を果たす充実感、そういった使命感ややりがいだけでこれまで続けてきました。

はっきり言って、自分に仕事が向いてるかどうかなんてどーでもいいし、関係無いんですよね。
「向いてないから辞める」ってよく言いますが、その言葉の裏には、「その仕事をやりたくない、この会社で働きたくない」という心理があるのです。

単にその仕事が好きでなかったり、会社の雰囲気が嫌だったり、続けていく自信が無かったり。
理由はいろいろだと思いますが、結局実際に働いてみると、元々自分が思っていたイメージと違っていた、期待してたのとは違っていた、そういった違和感が「向いてない」という言葉となって出てくるのです。


1つの仕事をずっと続けるのは、良いことだと思います。
1つのことをひたすら極めていくと、他のみんなには見えない世界が見えてきます。
仕事にも厚みが出てきます。
仕事だけでなく、人生や人間性にも重みや深みが出てきます。
また1つのことを極めればそれが自信となり、その自信は他のいろんなことにも良い影響を与えるものです。

でもだからといって、今やってる仕事に希望が持てなかったり、誇りややりがいの感じられないようなものだとしたら、さっさと辞めて次の道を探すのも重要な選択肢の1つだと思います。
情熱を傾けることができないのであれば、はっきり言って続けるだけ時間の無駄だと僕は思います。
やる気の無い状態でダラダラ仕事しても自分自身に何も成長はありませんし、この先道が開けることもありません。
時間は限られています。
さっさと次の道を探すべきです。
ホント時間がもったいないですから。

でもねここで本当に注意してほしいことがあります。
それは、必ず
「なぜ辞めるのか、その理由・原因を自分の中で明確にすること」です。
もし「何となく」で辞めてしまうのであれば、次の仕事を見つけても同じです。
何となく嫌になり、そしてまた何となく仕事を辞める、この繰り返しです。
どうしても続けなくてはならない理由や状況でない限り、何をやっても長続きしない、すぐ辞める、そんな中途半端な人間になるのです。

辞めるのであれば必ず、なぜ辞めるのか、そう思うようになった理由や原因をできる限り深く深く掘り下げていってください。
そうすると、自分の中にある課題や問題点、そして進むべき道が見えてくるはずです。
同じ「辞める」でも、そういったことをきちんと認識した上で辞めるのと、何も考えずに何となく辞めるのとでは、中身は全く違うのです。

それを踏まえた上で、あなたがその仕事に向いてるかどうかではなく、その仕事が好きか、使命感ややりがいを感じられるか、情熱を傾けられるか、そういったことを基準に仕事というものを捉えてみて下さい。
それが仕事を楽しみながらも長く続けられる秘訣です。

 《カテゴリ【現実の変え方】の記事一覧はこちら》

スポンサードリンク

ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/409727811
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。