『やらないといけないことをサクサクとこなしていくスケジュール管理法』 - 感情の羅針盤

PR


『やらないといけないことをサクサクとこなしていくスケジュール管理法』

毎日やらなきゃいけないことってありますよね。
学生もですが、特に社会人になると、会社のこと、仕事のこと、家のこと、いろいろあると思います。
このやらなきゃいけないこと、忙しかったり他のことをやってたりすると、ついつい忘れてしまいますよね。
おまけにやらなきゃいけないことは1つではないですから、それがどんどん増えてくると頭がこんがらがって、結局何もかもが中途半端になってしまったり…
こういう時ってどうしたらいいと思います??


みんなやらなきゃいけないことはたくさんあります。
そしてみんなやるべきことは頭では分かってます。
でも忙しかったり、やるべきことが多すぎたりして、頭の中で整理し切れてないんですよね。
おまけに「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」って考えてたら1つ1つに集中できず、結局何もできてない、何も進んでないんですよね。

おまけに頭の中がこんがらがっていると、人間というのは自分のやりたくないことや面倒くさいと思ってることを無意識の内に後回しにしてしまいます。
その結果一番気になることが最後まで残り続け、ずっと頭の中で雑音となってあなたの思考を邪魔し続けるのです。
頭の中をクリアにし、やるべきことを段取りよくこなしていくにはどうしたらいいと思いますか??


そのためには1度頭の中にある、気になっていることややらないといけないことを、全て頭の外に出してみて、一通り確認できるようにしないといけません。
紙でもパソコンでもなんでもいいです、1度全て書き出してみて下さい。
自分のやるべきことを目で確認できるようにするだけでも、頭がスッキリするはずです。

全て書き出したら、今度はそのやるべきこと1つ1つに対し、それをいつやるのか、ある程度具体的な日程や期間を決めていってください。
そしてそれを日付や期間によって順序立てて並べ替えていって下さい。
自分のやるべきこと、そしてそれをいつやるのかを決めると、頭の中も同じように整理されていき、スッキリした状態になるはずです。

あとはやるべきことを決めた日付や期間に従って実行していくだけですが、自分のとるべき段取りがはっきりしていて頭の中が整理されていると、ものごとの進み具合も驚くほど変わってきます。
頭の中にあった雑音も無くなるので1つ1つのことに集中できるようになり、行動力も上がっていくのです。

みんなよくやるんですが、頭の中だけで処理しようとしてはダメです。
これはパソコンなどと同じです。
パソコン内に多くのものを詰め込みすぎると、動作がどんどん鈍くなっていきますよね。
メモリを増設すれば大抵は解決しますが、人間の頭でそれをやるわけにはいきません。
であれば、例えば外付けでハードディスクなどを接続してデータをそちらに移せば、パソコン内もスッキリし動作も軽くなりますよね。

やるべきことを紙に書き出して整理していくのも、それと同じです。
頭の中にあるものを一旦頭の外に出して分かるように整理する。
それによって頭の中は軽くなり、より高いパフォーマンスを発揮できるようになるのです。

みなさんもぜひこの方法を実行してみて下さい。
もしあなたが手帳を使う習慣があるのなら、先程のやるべきこと・日程や期間を手帳に書き込んで整理し、いつでもすぐ確認できるようにすれば、効果はさらに上がるはず。
ぜひやってみて下さいね。


 《カテゴリ【現実の変え方】の記事一覧はこちら》

スポンサードリンク

ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/405953544
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。