『嫌なできごとを引きずらない方法』 - 感情の羅針盤

PR


『嫌なできごとを引きずらない方法』

ちょっと愚痴になってしまうのですが、マナーが悪いというか、礼儀を知らないというか、他人のことを考えない人ってホントいますよね。
今朝僕は雨の中バイクを走らせていたんですが、車のマナーの悪さに危うく2度も事故を起こしかけ、かなり不愉快な気分になってしまいました。
その時僕が感じたことについてお話させていただきます。


1度目は雨の中バイクを走らせていると、僕の後ろをずっと付いてくる車がいました。
しばらく僕の後ろを走っていたのですが、気づくと前方にかなり大きな水溜りが見えてきました。
そして水溜りにさしかかると後ろの車が突然急加速をし始め、僕を追い抜いていきました。
当然僕は前方が全く見えなくなるほどの返り水をあび、思わず急ブレーキをかけてしまいました。

危ないなぁと思いつつ今度は交差点を右折しようとしたのですが、その日は大渋滞していました。
対向車線の車は交差点の手前で前に進めず停車していたのですが、僕が右折しようとすると突然停止していた車が急に進み始め、僕の進路を阻むように止まりました。
相手の車は交差点に進入しても、前は渋滞しているので進むことはできません。
なので前に進んでも交差点のど真ん中で止まるしかありません。
僕も右折することができずお見合い状態になってしまいました。

これが立て続けだったので、さすがに気分が悪くなってしまいました。
皆さんも車やバイクに限らず、他人の態度や行動によって腹を立てたり気分を害したりテンションが下がったり、そういったことはありませんか??
気分が悪くなるかもしれませんが、その時のことをちょっと思い出してみてもらえますか??


……
……
思い出してもらえましたか??
その時の心の状態はどうでしたか??
そしてその不快な気分は、その後のあなたの行動にどのような影響を与えましたか??

もうお分かりとは思いますが、他人の行動によりあなたが気分を害したところで何もいいことないですよね。
しかも場合によってはいつまでも悪い気分を引きずってしまい、その後の仕事や楽しみにしていたこと・心や行動にも想像以上に大きな影響を与えているのです。
他人の態度や行動に腹を立てることによって、あなたの人生におけるパフォーマンスや質は確実に落ち、場合によってはあなたの人生すら台無しにしかねないのです。

僕らは常に、自分の外にあるものから影響を受け続けて生きています。
その影響は、良い影響もあれば、悪い影響の時もあります。
そして悪い影響を受けた時、人というのはなかなか気持ちを切り替えることができません。
ほとんどの人がいつまでもズルズル引きずってしまうのです。
でも人生は一度きり、そんなことで人生を台無しにするのなんてもったいなさ過ぎますよね。


では自分の外側から受けた悪影響、これをどうやって自分の中で消化していけばいいんでしょうか。
実は他人から受けた態度や行動、これに対し「悪意がある」と判断しているのは他でもないあなた自身なんです。
他人が取った行動に対して「悪意がある」とあなた自身が自分の都合(価値観・経験)で意味づけしているのです。

例えば今朝僕がバイクで走ってる時に車の運転手から受けたこと、わざと水をかけられたり、わざと道をふさがれたりしたこと、これって本当に「わざと」やったんでしょうか??
いえ、わざとやったと判断したのは僕自身なんです。

もしかしたら水をかけた運転手は水溜りが見えてなかっただけかもしれず、普段はものすごく優しい人なんだけどちょっとうっかり屋さんなだけかもしれません。
道をふさいだ車の運転手も、もしかしたら人生を左右するような大きな問題を抱えており、精神的にいっぱいいっぱいになってて前が見えてなかっただけかもしれません。
どちらも悪意があるのかないのかなんて分かりません。
僕が勝手に想像しただけなんですよね。

こういうことを言うと、中には「どんな理由があろうと悪いことは悪いことだし、わざとじゃなかったら他人を傷つけたっていいのか!? どんな理由があろうと悪は悪だ!!」という声もあると思います。
確かにその通りだと思います。
でもね、ここに大きな落とし穴があるんです。
実はものごとの本質というのは、正義や悪などどちらかに偏りすぎてると見失ってしまうんです。

例えばものすごく正義感の強い人がいるとします。
まさに正義の塊のような人で、小さな悪も絶対許せないような人です。
この人の目の前で小さな子供が、友達のゲームソフトを盗んだとします。
正義の人はそれを決して見逃しません。
子供に説教をし、ゲームソフトを友達に返させました。
盗んだ子供は途中、言い訳をしていたのですが、どんな理由があろうとやった行為は悪いことなので、言い訳は聞き入れられることはありませんでした。

これについてどう思います??
確かに人のものを盗むのは悪いことです。
どんな理由があろうと、この子のした行為は悪いことです。
それをこの子供に教えてあげないといけませんよね。

でもね、ここでちょっと考えてみて下さい。
この子は本当に悪意を持って友達のゲームソフトを盗んだんでしょうか。
もしかしたら友達のゲームソフトが自分の持っているソフトと似ていて、単に勘違いしてしまっただけなのかもしれません。
またはいつもお互いゲームを貸し借りするような仲で、ついつい断りなくゲームソフトを借りてしまっただけなのかもしれません。

でも極端に正義に偏りすぎていると、どんな理由があろうと盗む行為は悪だとしか考えられず、その理由や背景にある事情などが目に入らなくなってしまうのです。
子供が一生懸命言い訳(説明)しようとしても、「とにかくやったことは悪いことだ」の一点張りで、事情を聞き入れる隙など一切無くなってしまうのです。

つまり極端に正義に偏りすぎてしまうと、極端に視野が狭くなってしまうのです。
反対に、極端に悪に偏りすぎた時も同じです。
そしてこれは正義・悪に限らず、あらゆることに言えることです。

どちらかに偏りすぎてしまうと視野が狭くなってしまうのなら、では視野を広げるにはどうすればいいか。
それは「真ん中あたりのポジションにいること」です。
視野を広げ、全てを冷静に見渡すことができるのは、どちらにも偏らず真ん中あたりにいることです。
思いっきり片方に寄ってしまうと、それ以外の価値観を一切認めることができなくなります。
先程出てきた正義の人がそうですよね。
全てを受け止め冷静に分析できるのは、真ん中あたりなのです。
真ん中あたりにいないと目の前のことすら見えなくなり、ものごとの本質にも気づけなくなるのです。

どちらにも偏らず真ん中辺りにいると、目の前に起こる出来事に対し不必要に善悪・良い悪いの判断をしなくなり、心が乱れにくくなります。
自分がされたことに対し、単純に善悪の二元論で捉えなくなると被害者意識も無くなり、相手を許す心の余裕も生まれてきます。
そして何より自分に起こった嫌な出来事を引きずらないようになるので、心が常によりベストな状態になり何をするにしても上手くいくようになるのです。

心が暗〜く重〜い状態だと、何をやっても楽しくありませんよね。
気分が良いときの方が、仕事にしろ勉強にしろ確実にはかどりますよね。
何かにつまずいても立ち直りも断然早いですよね。

長い人生の中には、嫌なこと・不愉快なこと・いろいろあります。
しかし心を善・悪どちらかに偏らせず真ん中に持ってくると、視野が広がり、心に余裕が生まれ、自分が受けた不愉快なことを自分の中で消化できるようになります。
そして嫌なことがあっても気持ちの切り替えが簡単にできるようになるので、常に心が良い状態になります。
そうすると全てが上手くいくようになり始めます。
仕事や勉強のパフォーマンスだけでなく、周りとの人間関係も良くなるのです。
全ては心の在り方次第です。

 《カテゴリ【現実の変え方】の記事一覧はこちら》

スポンサードリンク

ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント
自分の心が救われる内容の記事でした。同時に、心の持ち方や感情をコントロールする事も教わったと思います。  感謝の気持ちでいっぱいです。  今日、この記事に出会えて本当によかったです。  ありがとうございました。  
Posted by M.T at 2015年05月10日 20:46
M.Tさん、
コメントありがとうございます。
そして感謝の言葉までいただいて、本当にありがとうございます。

ブログでもっともらしいことを言ってますが、僕もまだまだ学びの途中・成長の途中です。
共に頑張っていきましょう。

仁より
Posted by M.Tさんへ(仁より) at 2015年05月11日 11:13
初めまして。ブログを読ませていただいています。この記事について質問があります。私もブログ主様の同じような人間関係に問題を抱え、人間を信用できずに、それをまた人間不信であるがために、誰にも相談をしたくなく、一人で抱え込み永遠と自分の中で考えて生きている状態です。
ブログにも書かれているような、相手の価値観に沿って物事を理解しようとしてみること、常に真ん中でい続けようとしてみることなどを、自分なりに実践はしてきたのですが、そういったことをやり「相手にはこういう事情があったのかもしれない」「自分だったら、同じことをするかもしれない」など考えていると、きりがなくとても嫌気がさします。「どうして自分がつらくてボロボロなのに、相手の心情までを配慮して生きていかなければならないのかな」と心の底から思います。
こういった場合の時、どういった考え方や解決がよろしいのでしょうか?返信お待ちしております。
Posted by 元祖たんこぶ at 2016年08月08日 07:13

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404854885
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。