『楽観主義者はなぜ人生が上手くいくのか』 - 感情の羅針盤

PR


『楽観主義者はなぜ人生が上手くいくのか』

社会的に成功している人には「楽観主義者」が多いとよく言われますよね。
社会的成功者だけでなく、人生がうまくいってると感じてる人や、人生に対し充実感を感じている人などにも、楽観的な考えを持つ人が多いように感じます。
これって偶然なんでしょうか??
いいえ、楽観主義者には人生が上手くいくために必要な、ある共通した特長があるのです。


楽観主義者といっても、もちろんな〜んにも考えてないような人ってことじゃないですよ。
実は楽観主義者って、セルフイメージの高い人が結構多いんです
楽観主義者は、例えば人生で何かの壁にぶつかって「もうダメだ…」って悪いイメージを思い浮かべてすぐ諦めるんじゃなく、「大丈夫、何とかなるさ、きっとうまくいく」といったように、ものごとを前向きに捉えることのできる人です。
何をするにしても心の中で悪いイメージばかり思い浮かべていると、なにごともうまくいきません。
いい人生を送りたいと願っていても、心の中で「そんなに人生甘くない、上手くいきっこない」と思っていると、潜在意識はうまくいかない人生を創り出そうとします。
口では「いい人生を送りたい」と言ってても、心の中で「そんなに上手くいくわけない」と思っていると、潜在意識は「上手くいかない人生」が本当の願いだと判断し、それを実現しようとするのです。

つまり楽観主義者は自己肯定感が高く自分を信じる気持ちが強い=セルフイメージが高いため、困難に対しても恐れず前向きな行動をとっていくので、その結果社会的に成功を収める人や、人生に充実感を感じる人が多いということなんです。
楽観主義者の根底には、高いセルフイメージがあるのです。
セルフイメージこそが、充実した良い人生を送るための大事なキーなのです。

 《カテゴリ【現実の変え方】の記事一覧はこちら》

スポンサードリンク

ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/402273389
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。