『すぐ怒る上司、感情的に怒鳴る人への対処法』 - 感情の羅針盤

PR


『すぐ怒る上司、感情的に怒鳴る人への対処法』

あなたの周りには「怒りん坊」な人、いませんか??
会社員だと、気難しい上司やすぐ感情的になる先輩とか、必ずひとりはいますよね。
身近にそういう人がいると、正直テンション下がりますよね。
そういう時、あなたならどうしますか??
今日はそういう相手に対し、どう対処すればいいかを書いてみます。


実は僕の職場にも、います、強烈な人が。
相手の揚げ足を取り、感情的になってぎゃんぎゃん責め立ててくる人が。
この人を仮に「Aさん」とします。
ちなみに女性です。
あと、僕の仕事は「営業 兼 サービス業」です。

このAさんは社長ではないのですが、社長からいろいろな権限を与えられていて、全てを自分の思い通りに操ろうとするやっかいな相手です。
今の会社に入社したのは僕の方がずっと後なんですが、僕は以前から今いる業界にいて、Aさんは現場に出ず事務所で座ったまま指示を出すだけなので、実際の現場の業務内容についてはチンプンカンプンです。
つまり素人です。

入社して早速、Aさんから洗礼を受けました。
僕は入社と同時に社長から「現場責任者」という肩書をもらっていたのですが、いきなりAさんによって「現場での指揮権」を奪われてしまったのです。
現場で何かあっても、決して僕自身で判断はせず、必ずAさんに報告してAさんから指示をもらい、それから動けという命令を受けました。
つまりこの「現場責任者」とは、"何かを決めたり判断する権限は与えられていないが、現場で何かが起これば僕が全て責任を取れ"というものです。
「これは相当厄介な相手だな…」
そう感じました。

それでもきちんと話をすればお互い分かり合える、多少なりとも誤解もあるかもしれないし、と思い対話を試みてみたものの、こちらの思いや仕事に関する提案をすればするほど、逆にAさんは頭に血をのぼらせてしまい、このままでは頭からシュワシュワ湯気が出るのでは…という状況になる始末。

ということで、作戦変更です。
Aさんと、まともにやり合わないことにしました。

例えば今までは、
Aさん 「ちょっと、何で勝手にこんな判断を下したの!?」
僕  「こういう状況だったから、そうしたんです」
Aさん 「いや、その判断は間違ってるし、そもそも何勝手に判断してんの!!」
僕  「いや、この方法がお客さんの為でもあるし、会社の為にもなりますよね」
Aさん 「それは会社(私)が判断することであって、あなたが考える事じゃないでしょ」
……みたいなやり取りが延々と続いていました。

いつまでたっても平行線ですよね。
だからこちらからあっさり折れる作戦に出ました。

Aさん 「ちょっと、何で勝手にこんな判断を下したの!?」
僕  「えっ、何がでしょうか??」
Aさん 「今回の件の事よ!!」
僕  「ああ〜、そうですよね、僕が勝手に決めちゃいけなかったですよね、
    次からは気を付けますね」
Aさん 「ホントに何で勝手に判断したの!?」
僕  「ですよね〜、いやホントに僕のミスです、次からは気を付けます」
Aさん 「ホントにもう…」
……こんな感じです。

ポイントは、 "あっさり謝る""あっさり非を認める"、そして"言い訳をしない"です。
言い訳をせず、こちらからあっさりと非を認めてしまうと、相手は責める理由を失い、グズグズ言いにくくなってしまうものです
そして謝り方もポイントのひとつなんです。
僕はわざと"あっさり"という言葉を三度使って強調したんですが、ここで必要以上に申し訳なさそうにしてはダメです。
特に攻撃性の強い人間にショボーンとうなだれた姿を見せると、相手の持つ残虐性を刺激することになるからです
分かり易く言えば、ドSの人に「僕はMですよ!!」ってアピールするようなものです。
これだとドSの人は喜んでSっ気全開でやって来ますよ。
でもだからってあまりにもあっさりし過ぎると、場合によっては相手を小バカにしているように見えてしまいますから、そのあたりの加減は気を付けてくださいね。

この辺りが自然に出来るようになれば、ある程度の爆撃は最小限に抑えることが出来ます。
余裕が出てくれば、今度は相手の視点を未来に向ける事を意識してみてください。
いつも小言を言う人って、よく観察してみると、小言の内容がいつも大体同じような内容なんですよね。
大体パターンが決まってるんです。
ということは、小言を言われる時、次に来る言葉も予想出来ますよね。
例えばAさんの場合は、「あなたが勝手に判断するな」です。
その言葉が出てくるのが分かってるから、僕はAさんがそれを言う前に自分で言って、それを踏まえた上で「次からは気を付けます」という言葉で相手の視点を意図的に未来へと向けます。
いつもガミガミグズグズ言う人って、視点が必ず過去・もしくは現在に留まってるんですよね。
だから相手の言いたいことを先に代弁し、そのまま未来へと向けさせるのです。
そうすると、相手もそれ以上責める理由が無くなってしまうのです。
でもいつも同じことで相手を怒らせていると、「いつも口だけで進歩が無い」って思われてしまうので、気を付けてくださいね。


あと、ちょっと余談ですが、会社などで部下など下の人間をいつもガミガミ叱る人、こういう人たちって「会社のためだ」ってよく言いますが、実は自分の事や自分の保身を第一に考えてる人が非常に多いです。
もちろん本気で会社の事を考えてる人もいると思いますけど。
会社の事を考えてか、それとも自分の保身を考えてか、その人間をよく観察していると、それが分かります。
ポイントは"感情"です。

自分の保身を第一に考える人間は、自分に火の粉が降りかかる可能性のある事柄になると、一気に感情がたかぶり、ガミガミ言い始めたりします。
逆に、自分に関係の無い事柄になると、極端な話、興味すら示さないこともよくあります。
感情の波が全く動かないのです。
これを意識しながら人間ウォッチングをすると、面白いかもしれませんよ。

また、相手を攻撃する人というのは、実は恐れや不安の気持ちが強く、それと共に被害者意識も強い傾向にあります。
相手が怖いから攻撃する、自分の思う通りに事が運ばないと不安でたまらないから相手を攻撃するのです。
また相手を攻撃するのは、「自分は悪くない、相手が悪いんだ」という思いがあるからこそ、自分ではなく相手が変わるべきだと相手を攻撃しているのです。
だから相手を攻撃する人は、他人の意見を受け入れることがなかなか出来ないのです。
そして自分の攻撃に対し言い訳などされると、自分が批判されてると勝手に勘違いしてどんどんヒートアップしていくのです。
前に出てきたAさんなど、まさにそうです。

僕の尊敬する上司は、その事を経験から理解しており、いつもそれを面白おかしく利用しています。
Aさんは僕の尊敬する上司にもガミガミ言ってきます。

Aさん 「ちょっと、例の件どうなってるの!!ちゃんと出来てないじゃない!!」
上司 「えっ、何言ってるんだ、ちゃんとやってるじゃないか!!」
Aさん 「えっ…(強気に出られて動揺しつつ)出来てないわよ!!」
上司 「なんだって!! (急に声の調子を変えて)あれぇ、あ〜申し訳ない、僕のミスだ」
Aさん 「はぁ、そうなの…お願いしね…

僕の上司は、強気に出てきた相手に対し軽くプレッシャーをかけ、相手の感情を揺さぶった上で、急にコロっと驚くほどあっさり素直に謝ります。
相手は肩透かしを食らって言葉が出ません。
いわゆる"鳩が豆鉄砲を食らった"状態です。
ここまで出来ればかなりの上級者!!

…でもくれぐれも軽い気持ちでマネしないで下さいね。
相手との距離感や自分の置かれた立ち位置・状況、相手の感情の動きなどをよく把握しておかないと、痛い目を見る結果になっちゃいますからね…

*良かったらこちらも合わせてどうぞ
  ↓  ↓  ↓
『"怒る人"の対処法』

 《カテゴリ【現実の変え方】の記事一覧はこちら》

スポンサードリンク

ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント
すぐ怒る人ってそいつのために怒ってやってるって考えてるつもりでも実際はただ八つ当たりしたいだけ、

早く高血圧で死なないかな
Posted by サザンが苦 at 2014年09月20日 12:44
大体、基地外専業主婦やキチガイ更年期が多いですね、

自分だけが正しいと思っている奴が世の中をダメにする
Posted by ハートファックトリー at 2014年09月20日 12:48
その通りですね。
あとは、怒るやつは、怒ることで得をしてるんですよ、脳内で。
ビビらせて、自分のペースにさせる。
これはやっかい。
はいはい言わないで反撃したれ
Posted by あきら at 2014年11月08日 03:12
1さんと同じ意見です。

すぐ怒る上司は問題を解決しようとしていない。
本当に解決したいと思っているならば、わざわざこんなノイズは発生させない筈だよね。
自分の感情を誰にでもいいから吐き出したいだけなんだろうな。

こんな上司を持った同期が非常に可哀想でならない。
Posted by わんこ at 2014年12月27日 21:39
八つ当たり…

確かにそういう場合もあると思います。
実際に僕自身も、「この人は明らかに別件で腹を立ててるんじゃないか…??」と思うことがあります。

でも僕自身も機嫌が悪い時など、関係の無い人に対して冷たい態度を取ってしまって後悔することもあります。
やっぱり完璧な人などいません。

相手がただ単に悪意を持って怒って来ているのなら相手にする必要などありませんし、またその相手に対して腹を立ててケンカなどしてしまっては、それこそ相手と同じレベルに落ちてしまうだけです。

大切なのは相手が怒っている真の原因とは一体何なのか、何に対して恐れ感情を乱しているのか、そこを見極め理解することではないかと思います。
Posted by サザンが苦さんへ(仁より) at 2015年05月14日 16:45
ハートファックトリーさんへ

「自分だけが正しいと思っている」
確かに自分の価値観が正しく、またみんな自分と同じ価値観を持ってるはずだ、と思い込んでいる人もいると思います。
そして相手の価値観を認めず、自分の価値観のみを他人に押し付けようとする人も確かにいると思います。

人はそれぞれ違う価値観を持っている。
そしてそれに気付き、価値観の多様性を認める、相手の価値観が自分のものと違うことを認めてあげる。

それが出来ているハートファックトリーさんは素晴らしい方だと思います。
これって簡単なように見えて、実はとても難しいことだと思います。

それに気付ける人がもっともっと増えていくと、きっと今以上に生きやすい世界になるでしょうね。
僕も今一度気を引き締めなおし、頑張ってブログなどで発信していきます。
Posted by ハートファックトリーさんへ(仁より) at 2015年05月14日 16:57
あきらさん、わんこさんへ

「ビビらせて、自分のペースにさせる」
確かにこういう人、いますよね。
こういう人は、その時は自分の思い通りになって気持ちいいかもしれません。
支配欲なども満たされ、気分爽快かもしれません。


でもこういう人は、間違いなく自分の首を絞めることになります。
他人と信頼関係を作れず、孤立していくだけです。
いずれ自分の居場所を失います。
見せ掛けの居場所は作れても、こういう人間には心から安心してくつろげる場所を見つけることは出来ません。
そしてそのことに当の本人は全く気付いていないのです。

こういう人間は自分に自信が無く、心の中は常にビクビクしています。
相手をビビらせないと、自分の言う事を聞いてもらえない。
つまり自分には影響力がない。
自分には話を聞いてもらえるだけの価値が無い。
そう感じているのです。

こういった人間に効果的にダメージを与えようと思ったら、どうしたらいいと思います??

こういう人間が一番恐れていること、それは
「自分の価値を認めてもらえないこと」です。
自分には価値が無いと感じているからこそ、相手をビビらせる事によって「自分には価値がある・影響力があるんだ」と感じようと必死になってるんです。

だから中途半端に反撃すると、余計相手を焦らせてさらに興奮するかもしれません。
それに反撃すると、「俺の言ったことに対して反応してくれてる、感情を乱してくれてる」と、逆に自分に対する評価を上げかねません。

こういう人は相手にしないことです。
ギャーギャー言われても表情を出さず感情を乱さずスルーするのが一番ダメージがあるのです。
「あなたがいくらギャーギャー言ったって、何も変わらないよ」みたいな顔をされるのが、こういう人は一番辛いのです。

ただ相手があなたの上司だったり、あなたの人事権を握っているような相手であるなら注意が必要です。
やり方によってはあなた自身が大変な状況に追い込まれてしまう可能性がありますので。

相手が自分にとってどういう影響力を持つのか、そして相手がただ単にギャーギャー言ってるだけなのか、それとも何かしらの考えがあるのか、またはこちらのためを思ってあえて言いたくないことを言ってるのか、しっかり相手を観察し、その辺りを見極めたうえで対応していく必要がありますよね。
Posted by あきらさん、わんこさんへ(仁より) at 2015年05月14日 17:43
40代、未経験の職種で中小企業に採用され働いています。
経験がないとなかなか採用してもらえないのに採用されたので、私の人柄で採用してもらったんだろうなと思っていました。(実際、一緒に働く同僚が選んでくれたと聞きました)
社長夫人が威圧感たっぷりの上、感情的に怒る人で、先日は電話を切ってから同僚の前で泣いてしまいました。(40代のおばさんが泣くってすごくないですか?)
社長夫人が来ると、体から血の気が引き萎縮して話をする気力もなくなってしまいます。
仕事にやりがいも感じないし、楽しくもないし自分に向いているとも思わないけれど、娘を育てるため働かねばと思っています。
仕事を楽しめる人がうらやましいです。
やりたい仕事も見つからないし、年齢的にもまた転職するのは厳しい。
このサイトを読んで、納得できる部分がたくさんあって嬉しかったです。
でもなかなか自己肯定感を強めるのって難しいですよね。転職も考えて、どつぼです。
Posted by エッティー at 2016年02月13日 21:05

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/394848432

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。